読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しりとり りんご ゴリラ

地方国立大に通うリケジョのブログです

楽しい毎日

下宿先と大学生大っ嫌いだったけどなんだか最近とても好き!

 

研究室が始まって夢みてた大学生感がいきなり出てきて先輩も同期も先生も素敵で…

 

卒業式泣きそうだなぁ 。

 

そして就活。会社を絞りに絞りだしてしまった。勤務地と業界業種がマッチしてるところのみ受けてる。持ち駒が減って行く恐怖に駆られていろんなところにエントリーしてたけど勤務地が東京じゃない会社だと脱力してしまう。

 

将来勤務地なんかにこだわらず会社そのものを見て決めるべきやったと後悔するんやろか。でもわたしは大学生活で田舎(というか性に合わない?)な土地で暮らすストレスを経験した。憧れの土地で働くことを目標に就活してもいいよね…?

 

毎日これでいいよね…?のくり返し。早く解放されたい気持ちもあるけどこの悩みまくってる期間も悪くない。なかなか自分の人生に向き合う時間ってないしあったとしてもなんとなく照れくさいもん。就活生は向き合わないといけないと世間からされてるから堂々と悩みもがける。

 

ハー大学生って楽しいね。

 

 

 

お祈り

来ましたよあの某企業の三次選考のお祈りが。少しはショックを受けるのかな?と思いきやまさかのノーダメージ。強靭なメンタルに鍛えられつつあるのかもしれない。

 

暇な女子大生のツイッターを全部読んだ。すでに第一志望御社から内定をもらい週休6日。素晴らしい。やることやってヤることヤってる。わたしも暇な女子大生の様に要領よく女を武器にして人生を楽しみたい。男にちやほやされたい。ここ一年以上浮いた話がない。そろそろやばい。

 

若い子はモテるっていうけど大学のおじさんにもお父さんにも垢抜けないって言われて都会の女の人と比べられるもんな。努力しなきゃな。

 

人に好かれる様に魅力的になること、就活にも恋愛にも大事。時には自分を消して染まることで人生は楽しくなる。はず。どこまで個性や自分を守るかのさじ加減をこれから学ばないとね。気づくの遅かったなぁ。

 

持てる武器全て使って人生を謳歌しよう。

 

お祈りメールからのまさかの着地点でした。

 

 

この世で一番好きな香り

下宿先に帰ってきた。およそ10時間のバスを経て早朝に到着。コンビニでじゃがりことカップ焼きそばと野菜ジュースかって帰宅。めっちゃ不健康な買い物だな。前日にアキバのカプセルホテルのラウンジで韓国人がカップ麺食べてて無性に食べたくなって買っちゃった。

 

鍵をかけるないなやキャリーバッグからスーツを出してかけて、洗濯物を洗濯機に放り込んでパジャマに着替えて即布団へ。

 

布団、めっちゃいい匂いする…!

洗剤の匂いとかお日様の匂いじゃない、なんだろあれ。風呂上がったらすぐ寝るからシャンプーの香りとかが混ざってるのかな。とかく自分の布団の芳しいことよ。

 

いつも寝る前布団いいにおい〜〜とはほんのり思ってたけど、一週間ほど自分の布団で寝ていなかったからか今回感動するレベルだった。

 

おかげさまで夜行バスで寝たにもかかわらず昼の1時くらいまで爆睡。幸せだったな。

 

これからは好きな匂いきかれたら自分の布団の匂いですって答えよ。さー明日は久しぶりのバイトだし寝よう(寝すぎ)。

東京での会社説明会ラスト

良い会社でした。参加者も人事の方も先輩社員も今までの中で一番しっくりきたな。この会社で締めくくれて本当に良かった。感謝!

 

さて、ここで仲良くなった男性と話しながら駅まで帰ってきたのだが、彼が改札で引っかかったためなんとなく撒いた。

 

めっちゃ話盛り上がったのに撒いた。東京という土地を利用して撒いた。

特に理由はない。

彼と再び遭遇しませんように東京。

 

移ろい変わる 第一志望

第一志望だった企業の会社説明会に行って来た。就活と始める前と後では企業に対する印象ってずいぶん変わりますね。めんどいけど行けるだけ行った方がいいってのわかるわ。

 

就活を始める前、商品企画がやりたくて業界内で商品企画もあるようなところばかり目を向けていた。正直学部卒では研究開発職なんて無理だろうと思っていた。なんせ研究室が始まってなくて研究すらしたことない。

 

ただ私の志望している業界、かなりの会社が学部卒も研究開発職として採用しているようだ。もしかしたらワンチャンあるのではないかと考え始めたのだ。

(ワンチャンの使い方があってるのかいつも分からない)

 

さて話は戻って第一志望だった会社である。この会社はほぼ営業職での採用で、一握りというよりもひとつまみの人が商品企画や研究にまわる。研究開発職に目を向け出した私にとってはもう価値がどんどん暴落していた。

 

だがしかし、会社説明会を受けた後、再びやっぱりここが第一志望だと確信した。先日の記事にも書いた三次面接で爆死した企業は研究職で面接が進んでおり、面接を通して研究職に向いているのか?という疑問があった。疑問どころかほぼ心折れてた。その状態で研究職がメインではなく、なおかつ元第一志望だった会社の説明会を聞いたらもう心惹かれて当たり前である。ここの企業超行きたくなったよ。

 

さーていまからこの企業入るために書類頑張っちゃうか!みたいな気持ちになったが、ここは会社説明会の後に履歴書を提出する。履歴書は爆死した三次面接おわりに傷心で自暴自棄な状態で書き上げた代物で、会場でみるとうっすらシワが入っていた。もう…後悔である。ばかなんじゃねーかわたし。あとアンケートで「卸し」を「御し」ってかいた。漢検二級を履歴書に書いたのに。

 

インターンの時のようにバッサリ落ちるんだろうな…そしてまたへこむんだろうな…落ちたら泣いちゃおう…

 

受かったら…受かったら裸足で東京駆け抜けちゃうな…それくらい嬉しい…うん…

 

落ちるんだろうなと思いつつワンチャン合格だろうと甘く考えている私でした。(ワンチャンの使い方)明日結果来なければ諦めます♡

 

 

 

 

 

 

電車で泣きバスで寝る

面接散々だった。志望理由すら言葉に詰まってその場で考えたのがばればれな薄っぺらなことを言ってしまった。完全なる準備不足だ。あと準備してきたことが緊張で飛んだ。集団だったがぶっちぎりで最低な受験者だった。

 

しかしここはまだ本命ではない。とてもいい練習になった。他の人の回答もきけて得るものは大きかった。落ち込むべきではない。

 

とは思いつつも自分の不甲斐なさに帰りの電車で泣いてしまった。マスカラも鼻水もだらだらである。情けなかったもう2度とこんな思いはしたくない。

 

まだまだ就活は始まったばかりだし既に面接の予定が入っている会社もある。今回の経験を生かして今度は帰りの電車で泣かないようにしたい。

 

とまぁ柄にもなくだいぶ落ち込んだのに、数時間後の夜行バスで爆睡し、夜行バスの数時間後に受けた説明会で完全にメンタルを回復した。会社って山ほどあるし相性もあるな!受けた会社、そこまで志望度高かったわけじゃないし!

イェーーーイ!!!!

 

今日も楽しく東京を練り歩いてきます。

 

いまから

三次選考です、初めての集団面接です。

 

準備不足で不安。

 

まだ就活始まったばかり、なれなくて当たり前

 

本番だけど練習のつもりで

 

落ちても他がある縁がなかっただけ

 

よし!