しりとり りんご ゴリラ

地方国立大に通うリケジョのブログです

移ろい変わる 第一志望

第一志望だった企業の会社説明会に行って来た。就活と始める前と後では企業に対する印象ってずいぶん変わりますね。めんどいけど行けるだけ行った方がいいってのわかるわ。

 

就活を始める前、商品企画がやりたくて業界内で商品企画もあるようなところばかり目を向けていた。正直学部卒では研究開発職なんて無理だろうと思っていた。なんせ研究室が始まってなくて研究すらしたことない。

 

ただ私の志望している業界、かなりの会社が学部卒も研究開発職として採用しているようだ。もしかしたらワンチャンあるのではないかと考え始めたのだ。

(ワンチャンの使い方があってるのかいつも分からない)

 

さて話は戻って第一志望だった会社である。この会社はほぼ営業職での採用で、一握りというよりもひとつまみの人が商品企画や研究にまわる。研究開発職に目を向け出した私にとってはもう価値がどんどん暴落していた。

 

だがしかし、会社説明会を受けた後、再びやっぱりここが第一志望だと確信した。先日の記事にも書いた三次面接で爆死した企業は研究職で面接が進んでおり、面接を通して研究職に向いているのか?という疑問があった。疑問どころかほぼ心折れてた。その状態で研究職がメインではなく、なおかつ元第一志望だった会社の説明会を聞いたらもう心惹かれて当たり前である。ここの企業超行きたくなったよ。

 

さーていまからこの企業入るために書類頑張っちゃうか!みたいな気持ちになったが、ここは会社説明会の後に履歴書を提出する。履歴書は爆死した三次面接おわりに傷心で自暴自棄な状態で書き上げた代物で、会場でみるとうっすらシワが入っていた。もう…後悔である。ばかなんじゃねーかわたし。あとアンケートで「卸し」を「御し」ってかいた。漢検二級を履歴書に書いたのに。

 

インターンの時のようにバッサリ落ちるんだろうな…そしてまたへこむんだろうな…落ちたら泣いちゃおう…

 

受かったら…受かったら裸足で東京駆け抜けちゃうな…それくらい嬉しい…うん…

 

落ちるんだろうなと思いつつワンチャン合格だろうと甘く考えている私でした。(ワンチャンの使い方)明日結果来なければ諦めます♡